FC2ブログ

裏芸能エンタメnews

芸能newsを集めます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

芸能プロによるカーリング娘・本橋麻里の争奪戦が幕を開けた!?

 バンクーバー五輪に出場したカーリング女子日本代表「チーム青森」は、通算3勝6敗の8位で1次リーグ敗退という残念な結果に終わった。だが、その奮闘ぶりは連日メディアを賑わし、非公開練習を"盗撮"したテレビ朝日とTBSが取材拒否処分を受ける騒動まで発生。04年のトリノ五輪に続いて"カー娘旋風"を巻き起こした。

 カーリングのようなマイナー競技は、五輪が終われば一気に熱が冷めてしまうところだが、ここで熱い注目を集めているのが、チームの中心として活躍した"マリリン"こと本橋麻里(23)の去就だ。

 海外では30代、40代の選手も珍しくないカーリングだが、日本では20代の選手が中心。結婚を機に引退する選手も多く、若くして第一線を引くケースが目立っている。今回も近江谷杏菜(20)が現役続行を表明しているのみで、本橋をはじめとした他の4選手は「3月にシーズンが終わってから考える」としており、シーズン終了後に競技から離れる可能性もある。

 タレント顔負けの人気と知名度を誇る本橋が引退となれば、スポーツキャスターやタレントへの転身が考えられ、芸能事務所やマネジメント会社が激しい争奪戦を繰り広げることは必至だ。

 本橋は今年1月、水着姿も収録したイメージDVD『本橋麻里 Days off』(ポニーキャニオン)を発売しており、本人も芸能界入りに前向きなのではないかといわれている。



「すでに本橋の関係者と接触している芸能プロがあるらしく、今季最終戦となるカナダの女子世界選手権を待たずに、争奪戦が始まりそうな雰囲気ですね。タレントと並んでしまうと、本橋は美人というほどではないですが、あの明るい笑顔と"推定90センチ以上"といわれるバストは男性視聴者を釘付けにしますから、どこも彼女を欲しがっているはずです。何よりイメージが良いので、CMのオファーが期待できるのが大きいですし、元カーリング選手という珍しさも最初はプラスになる」(広告代理店関係者)

 冬季スポーツからの転身といえば、日本テレビのバンクーバー五輪中継でキャスターを務めた荒川静香などがいるが、20代前半でタレントに転身した女性選手は少ないだけに、本橋のような人材は貴重だ。本橋が今季終了後にどんな判断をするか気になるところだが、それには、ある人物が大きく関わっているという。

「本橋の芸能界入りは、チーム青森の広報担当・近藤学氏の判断に懸かっているといわれています。民放局のスポーツ担当ディレクターだった近藤氏は、06年にチーム青森の広報に就任し、肖像権によるロイヤルティー収入などを増やして、選手が競技に専念できる環境を築きました。チーム青森のバラエティー出演が少ないのは、肖像権ビジネスがあるため、選手のイメージを崩さないようにする近藤氏の戦略のようです。本橋のDVD発売も、近藤氏が引退後のことも考えて、彼女に勧めたようですね。本橋はタレント転身に前向きなようですが、本人や彼女に近しい人たちは業界については素人。引退の時期や今後の道については、元業界人である近藤氏に判断を委ねているようです。選手や競技のイメージを大切にする近藤氏であれば、クイズ番組などに呼ばれて恥をかかされるタレントよりも、スポーツキャスターの道を勧めるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 まだ23歳の本橋ならば、4年後のソチ五輪も十分に狙えるだろうが、彼女ほどの人気があれば、若いうちに芸能界入りするのも悪い話ではないだろう。シーズン終了後の動向に注目が集まる。(ネタ元:メンズサイゾー)




★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/02/28 17:07 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

上原さくらがゲットした恋多きセレブ社長

 昨年11月にアパレルメーカー社長と電撃離婚したタレントの上原さくらに新恋人が発覚した。

 今週発売の「フライデー」によると、上原のお相手は、建設現場の仮設足場を販売・リースする企業「KRH&COMPANY・LIMITED」の青山光司社長で年商100億以上とも言われる演歌歌手の氷川きよし似の超イケメン。
 昨年10月に互いの上原の友人を介して出会い、前夫との離婚について相談するうちに関係を深め、青山社長は周囲に上原との結婚をほのめかす発言をしているという。
 「同社は菅山かおる選手が所属するビーチバレーチーム『WINDS』のスポンサーとしても知られる。青山氏はフェラーリなど高級外車を多数所有し、国内外の移動はヘリコプター。マカオのカジノでひと晩の“軍資金”が1000万円で派手に遊ぶ姿など、テレビ番組でもたびたびそのセレブ生活が紹介されている」(週刊誌記者)

 上原との交際が発覚した青山社長だが、芸能人とのスキャンダルは今回が初めてではなかった。
 「かつて約4年にわたって元C.C.ガールズの森洋子と交際。写真誌で森の“ベッド写真”が流出していることが報じられたが、撮影したのは青山社長ではと言われていた。昨年3月には中国の大衆紙でアジアのスター、チャン・ツィ・イーとのデート写真を報じられたが、直後にチャンは『売名行為に利用された』と激怒した。さすがに、上原とは真剣に交際しているようだが…」(同)
 前夫もかなりのセレブだった上原だが、またまた“玉の輿”に乗るのかが注目される。(ネタ元:リアルライブ)

  


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/02/27 16:04 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

大塚愛、エロエロコラボでゲットした理想の男性とゴールイン間近か?

 歌手の大塚愛(27)が、RIP SLYMEイチのモテ男・SU(36)と恋愛中だと、発売中の「女性セブン」(小学館)およびスポーツ紙が報じている。2人は、大塚が昨年11月にリリースしたベストアルバム『LOVE is BEST』収録曲「aisu×time」で共演している。

 元々、大塚はRIP SLYMEのファンを公言しており、このコラボレーションは、大塚サイドからのアプローチ。中でも、大塚いわく"大人のエロさを感じる"というSUにオファーをかけたのだった。すでに発表済みだったシングル曲「One×Time」に、SUのラップを入れてアレンジするという形だったにもかかわらず、わざわざPVを制作するなど、ただのアルバム収録曲とは違う気合いの入れようだった上、PVでは大塚とSUが密着して、唇が触れるかどうか......という至近距離まで近づくシーンも多かった。文字通り、「ai」と「su」が「愛す」きっかけとなった、2人にとって思い出の共演となっている。

 SUといえば、一昨年まで一回り近く年下の歌手・木村カエラと交際していたとされている。当時、SUは既婚者であったが、カエラとの恋愛を経て離婚。現在はバツイチであり、自由恋愛の許される身だ。前出のコラボレーションに際して大塚が発言しているように、SUは自他共に認める「エロ」。深夜番組『キャンパスナイトフジ』(フジテレビ系)において、「すう散歩」というコーナーを持っており、女子大生を街に連れ出しては大人の世界を教えているが、毎回欠かさずセクハラ発言をかまし、10代後半~20歳そこそこの女子大生たちを困惑させている。



 一方の大塚は、自身の作る曲において、恋人との濃厚なキスやセックスを連想させる表現を用いることも多く、また、2004年のアルバム『LOVE JAM』では顔面にジャムを塗りたくっている写真をジャケットに使用し、一部で「顔射をモチーフにしているのか?」と話題を呼んだこともある。

 07年にバラエティー番組『月光音楽団♪』(TBS系)にゲスト出演した際には、以前交際していた彼氏と一緒にAV鑑賞をしたと話し、「(彼氏がAVを見てオナニーするのは)殿方を満足させられない自分が悪いという感じですかね。もうちょっと頑張らないと!」などと、積極的な姿勢を赤裸々に語っていた。さらに、昨年行ったカップル限定ツアーのMCで、「昔一緒に暮らしていた彼氏に怒られたことがあって~」と、サラッと同棲経験を告白。「ベッドの中では後ろから抱きしめられたい派? それとも前から?」と会場の女の子たちに大胆な質問を投げかける場面も。このように大塚は、そもそも、下ネタ適応能力が非常に高い女性なのだ。そんな彼女と、直球セクハラを得意とするSUがうまくいかないはずがない。

 かつて音楽誌インタビューにて、「素晴らしい女になりたい。いつまでも女でいたい。で、女ができることは最低限したい。いつまでも可愛らしい人でありたいし、いつまでも目を惹く女でいたいし、いつまでも色気のある女でいたいし、母性的な女でありたいし、癒やせる女でもありたいし、おばさんのようなパワーを持つ女でもありたい」と、自身の中の普遍的なテーマを語っていた大塚愛。年齢的に、「女ができる最低限のこと」のうちの一つ、出産も視野に入れている時期のはずだが、ひょっとしてSUと子作り計画を秘かに進めていたりして?(ネタ元:メンズサイゾー)




★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/02/26 15:14 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

小西真奈美、風俗嬢を体当たり演技するも…小栗旬監督にもっと若い感じで!と指導され…シュン

 25日、北海道夕張市で開催されているゆうばり映画祭のオープニングイベントで、映画『シュアリー・サムデイ』が上映され、監督の小栗旬、小出恵介、勝地涼、鈴木亮平、ムロツヨシ、綾野剛、小西真奈美、プロデューサーの山本又一朗が登場した。

映画『シュアリー・サムデイ』

 ワールドプレミアとなった本作122分の上映が終わると、満員の会場からは盛大な拍手が。そんな中、壇上にキャスト陣が登場すると、黄色い声援が起きた。小栗の監督ぶりを聞かれた小出は「がんばってるなと思って、ずっと彼の背中を見ていました。初監督ということで大変そうでした」と話すと、小西も「少しでも演技について相談すると、いい方向に導いてくれるのがすてきでした。ただ、10年前の(回想)シーンでわたしが演じていたのは風俗嬢だったんですけど、もうちょっと若い感じでお願いしますと言われてしまいまして(笑)。10年前の自分を演じるのって難しいですね……そうしたら、すかさずかわいらしい声で見てみたいんです、とフォローしてくれたんですけど」と嘆き、会場の笑いを誘っていた。

 俳優陣から厚い信頼を受けている様子の小栗監督だが、彼の所属事務所の社長でもある山本プロデューサーによると、「インの5日前になって、映画をなめてました、もうできませんと言ったこともありました。脚本を何度も書き直させました。それくらい彼には苦労させたし、泣かせました。(その甲斐あって)立派な映画を作ったんじゃないかと思います」と誇らしげに小栗監督を見守っていた。

 そしてその後、ホテルシューパロで行われたオープニング・パーティでも、女性ファンが多数来場。例年以上に会場内は熱気に包まれていた。そしてステージ上で映画祭恒例のもちつき大会が行われると、小栗や小西、小出らがもちつきに参加。会場からは「よいしょ、よいしょ!」の掛け声が起こり、杵(きね)を握る手も思わず力が入る。その後、来場者にもちがふるまわれると、皆、おいしそうに食べていた。

 本作は、実力派若手俳優の小栗旬が、初めてメガホンを取った青春映画。ごく普通の高校生5人が、文化祭中止を撤回させるために、狂言爆発を実行するはずが、実際に校舎を吹き飛ばしてしまうことに。しかしその事件が思わぬ波紋を呼び起こすことになる……。全国公開規模の映画作品を20代が監督するのは、小栗が初のケースとなる。




★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/02/26 05:57 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

眞鍋かをりの影にも暗躍!? 芸能界移籍問題に見る事務所同士のパワーゲーム

 タレントの眞鍋かをりが、所属事務所に対して契約解除の確認を求める訴訟を起こした。この手の独立・移籍トラブルは、芸能界では珍しいことではない。これまでも数々の大物タレントが、独立・移籍トラブルの渦中に身を置いてきたが、筆者が取材した中でも特に記憶に残っているのは、中森明菜と渡辺謙の件だ。

 1989年7月に、明菜は自殺未遂騒動を起こした。松田聖子と並び、アイドルの頂点に上り詰めた明菜はマッチこと近藤真彦と、デビュー間もなく熱愛関係に陥って、自宅マンションでのデートを重ねていた。だが、2人は会う度に喧嘩を繰り返し、それが原因で明菜は自殺未遂を再三繰り返していたという。結果、次の日のコンサートをドタキャンすることも度々あったというのだ。

 明菜育ての親といわれる所属事務所「研音」の元幹部は、「89年7月のときも、明菜が自殺未遂したと聞いて、またかと思った」と当時のことを筆者に語ってくれた。この元幹部によると、いつものことだから慌てることはないと思いつつ病院に駆けつけると、すでに、マッチの芸能界の母親代わりであるジャニーズ事務所の"女帝"といわれていたメリー喜多川副社長が病院にいて、明菜に「あなたは、研音に騙されているのよ」という嘘を吹き込んでいたというのだ。




 明菜が莫大な資金をマッチのレース活動に貢いでおり、金銭問題も喧嘩の一因とされたが、メリー氏はマッチを守ろうと、明菜に対して「あなたは事務所に騙されている。不当に搾取されている」というようなことを吹聴し、明菜の不満の矛先を研音に向かわせたとされる。この言葉を信じた明菜は、すぐに独立を決意。その年の12月には、メリー氏の計らいもあってか、マッチのレコーディングディレクターだった小杉理宇造(現ジャニーズ・エンタテイメント代表)氏をスタッフにつけて、新事務所を設立、明菜もそこに移籍した。ところが活動を再開しないうちに小杉氏が事務所を辞めてしまい、明菜はハシゴを外された形になったのだ。

 研音という後ろ盾を捨てたと同時に、ハシゴを外された明菜は、自分を騙していたのは研音ではなく、メリー氏ではないかと思い、マッチとも手を切ったといわれる。研音ともジャニーズとも摩擦が生まれてしまった明菜には、裏社会も含めて有象無象が近寄ってきた。だが、そうした人物たちしか頼るものがなかった明菜のその後の転落ぶりは、筆舌に尽くしがたいものがある。

 もうひとつ、印象深い移籍劇は、02年に演劇集団「円」に所属していた俳優の渡辺謙が大手プロ「ケイダッシュ」に移籍した件だ。当時は、渡辺がより高いステージを目指すための移籍で、芸能界の"FA"といわれたが、取材する範囲では真相は違っていた。

 その頃、渡辺は、女性誌に愛人スキャンダルを報じられた。妻子持ちの渡辺にとっては、テレビなどがこのスキャンダル報道に追随すると、大きなイメージダウンになりかねない。海外進出の矢先だっただけに、なおさらスキャンダルの拡大は避けたかったのだ。そのために、大手マスコミに影響力を持つケイダッシュに駆け込んだという見方がもっぱらだったのだ。

 確かに、その後、この愛人スキャンダルは終息した。しかし、皮肉なもので、移籍直後に夫人(当時)の"金銭トラブル"が発覚、離婚騒動が持ち上がった。嵐のようなマスコミ報道に、さすがのケイダッシュもなす術がなかった。



 その後、渡辺はハリウッド映画『ラストサムライ』に出演。ハリウッドスターの仲間入りしたことで、ケイダッシュの川村龍夫会長の手腕が評価されたが、同作にキャスティングしたのは、ハリウッドに信用がある演出家の奈良橋陽子さんだった。奈良橋さんがいなければ、今の渡辺はなかったと言っても過言ではない。

 そんなケイダッシュだが、芸能プロの業界団体・日本音楽事業者協会に加盟していない弱小プロに所属する将来性のあるタレントに対して、自社への移籍を推進しているともいわれている。自殺した元TBSの川田亜子さんも、ケイダッシュに移籍を促された一人のようだが、彼女や渡辺を含めて、同プロへの移籍が成功だったと言い切るのは難しい。

 さて、所属事務所に対して訴訟を起こした眞鍋。筆者はバーニングプロダクションとの裁判(記事参照)で、いかに司法が芸能界に理解がないかを痛感した。5年前の川村ゆきえの移籍トラブルの際も、契約書を盾にとった旧事務所側の言い分が認められて、彼女は活動休止に追い込まれていた。このとき、旧事務所側の背後で暗躍していたのが、眞鍋との不和が取りざたされ、昨年脱税で逮捕された眞鍋の所属事務所オーナーだ。さらに、ケイダッシュ川村会長も調整役として介入していた。今回も、所属事務所側には川村会長の存在が見え隠れする。彼らは闘い方を心得ているだけに、眞鍋の移籍問題も予断は許さない。眞鍋が活動を再開するためには、乗り越えるべき山はいくつもありそうだ。



★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/02/25 21:56 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
ランキング
よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ



人気ページランキング
オススメ商品
最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。