FC2ブログ

裏芸能エンタメnews

芸能newsを集めます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そっくりさんのAVデビュー騒動に松田聖子が大困惑!

 デビュー30周年を迎えた松田聖子が、"そっくりモノマネ芸人"のSEIKOのAVデビュー説に困惑している。

 「聖子が唯一、事実上公認しているモノマネ芸人のSEIKOがこの夏にAVデビューするという噂があるんです。今年、デビュー30周年を迎えた聖子の営業妨害にもなりかねませんからね。場合によっては、モノマネ禁止の通達を出すかもしれませんよ」(親しい音楽関係者)

 デビュー30周年を迎えた聖子は、5月5日にはユニバーサルミュージック移籍第1弾「いくつの夜明けを数えたら」を発売する。

「この曲はフジテレビ系のドラマ『チームバチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』の主題歌。聖子にとって、ドラマの主題歌は14年ぶりですからね。しかも、6月からは恒例になった全国ツアーがスタートする。そんなときに、聖子のそっくりモノマネ芸人のSEIKOのAVデビューが話題になったら、シャレになりませんよ」(事務所関係者)

 SEIKOは、芸能人モノに強い大手レーベルからデビューするという。

「SEIKO自ら売り込んで来たようです。それだけにやる気満々で、◯◯や××もするくらいの過激な内容になるみたいです」(AV関係者)

 聖子のデビューから知る芸能関係者は「聖子は百人斬りと言ってもおかしくないほど、男性関係が乱脈だった。一時は外人狂いとまで言われましたからね。そっくりさんのアダルトビデオは自分のことのようで、不愉快だと思いますよ」と耳打ちする。

 矢沢永吉のようにモノマネ禁止でトラブルに発展しなければいいが......。(ネタ元:日刊サイゾー)




★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/04/30 16:21 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

「離婚する意思を固め」沢尻エリカ告白HP ドメイン管理にバーニング系企業名

 ハイパーメディア・クリエイター高城剛氏との離婚騒動で全国を騒がせている女優・沢尻エリカが27日、自らのWEBサイト「ERIKA TOKYO」で初めて離婚の意思を明らかにした。

 サイト上で沢尻エリカは「私、沢尻エリカは、夫である高城剛と離婚する意思を固め、現在家族の仲介の下、協議に入っております事をご報告いたします」として、自ら離婚の意思を表明。さらに「今は相手の事もありますので、これ以上の詳細に関しては差し控えさせて頂きます」と結んでいる。

 かねてからエイベックス入りへの動きが報道されている沢尻だが、この発表を行ったサイトそのもののドメインが、大手芸能事務所バーニング・グループのひとつである「株式会社スイートルーム」によって管理されていることが明らかになった。



「ドメインの管理会社は、『WHO IS 検索』と呼ばれるドメイン名登録情報検索サービスで誰でも見ることができます。ここで『ERIKA TOKYO』のドメインである『erikatokyo.jp』を検索してみると、登録社名に株式会社スイートルームと出る。スイートルームは、相原勇などが所属しているバーニング系の芸能事務所です。一連の騒動は突発的なことのように報じられていますが、バーニング・グループの全面的なバックアップを受けてのエイベックス入り......というのが規定路線だったというふうにも読めますね。もちろん、これだけですべてを断定するわけにはいきませんが、沢尻とバーニングの間に何らかの直接的なコンタクトがあったことだけは間違いありませんよ」(芸能記者)

 ちなみに、スイートルームがドメイン登録を行った日付は、2010年3月16日と記録されている。くしくもその同日、夫・高城氏は自らのブログに「君が仕事に復帰すると聞き、僕は誰よりもうれしく思います。」と題して、妻・沢尻の芸能活動再開に1,000文字以上を費やして祝辞を贈っていた。「愛する妻へ。」と、この日のブログを締めた高城氏の心中に、今どんな思いが去来しているのだろうか。(ネタ元:日刊サイゾー)



◆ERIKA TOKYO
http://www.erikatokyo.jp/

◆高城剛ブログ「君が仕事に復帰すると聞き、僕は誰よりもうれしく思います。」3月16日付
http://blog.honeyee.com/ttakashiro/archives/2010/03/16/


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/04/28 09:04 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

ポルノ晴一&ハセキョーが離婚の危機!? 不仲の理由は......

 女優・長谷川京子と「ポルノグラフィティ」のギタリスト新藤晴一が、交際3カ月の電撃婚を果たしたのは2008年。長谷川は昨年5月に第一子となる男児を出産し、しばらくは専業主婦に徹していた。だが、昨年末には女性誌の表紙を飾って仕事復帰を果たし、今年に入ってからはテレビドラマで本格的な女優復帰を果たすなど、ママ女優として活躍している。

 しかし、そんな長谷川も公私ともに順調とはいかず、早くも夫婦関係にヒビが入っているらしい。その理由は家庭を顧みない晴一の私生活にあるようだ。



「晴一は面倒見のいい兄貴タイプで、独身時代は毎日のように友人や後輩を引き連れて飲み歩いていました。ちなみにその代金はすべて彼が持つという太っ腹ぶりでした。結婚当初はそれも自重していましたが、最近はまた付き合いを理由に家をあけることが増え、それが原因でしばしば夫婦ゲンカになっているのだそうです」(レコード会社関係者)

 長谷川としては、夫婦仲良く子育てを、というところなのだろうが......。

「多趣味な晴一は、仕事以外でもゴルフや釣りなど常に動いていたいタイプ。休日は家族でまったり......というのは、彼の性格上難しいんでしょう。さらに5月からは全国44カ所を廻るポルノグラフィティのツアーが決まっています。その間はほとんど家に帰れないことになりますので、夫婦間の溝がさらに深くならないか、心配ですね」(前出の関係者)

 さらに06年にできちゃった結婚をした「ケツメイシ」のRyojiと女優の石川亜沙美との間にも、不仲説があるようだ。

「Ryojiはこれまでにも二度離婚していますが、その主な原因は女性問題。そして、今も奔放に繰り返される女遊びに、石川が疲れてしまったようなんです。このままいくと、"二度あることは三度ある"かもしれませんね。二人は公には元妻と離婚した直後に知り合ったということになっていますが、そもそも石川とRyojiの関係も不倫始まり。それを考えると、石川の方も因果応報と言えるかもしれませんが」(業界関係者)

 いつまでも子どものように天真爛漫でいたいのが、ミュージシャンの性。それをワガママと取って愛想をつかすか、母のような深い愛で包むことができるか。男性ミュージシャンの結婚生活には、相手の女性の懐の広さが重要なようだ。(ネタ元:日刊サイゾー)

  


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/04/26 10:29 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

佐々木希が連ドラ初主演でまわし姿! 「あの棒演技で大丈夫か?」不安視の声も

 飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進中のタレント・佐々木希。看板モデルを務めていた女性ファッション誌『PINKY』(集英社)が休刊となるも、現在は毛色の違う『non-no』(同)の専属モデルの座に収まっている。CMタレントとしても好調で、彼女が注目を集めるきっかけとなったロッテのガム「Fit's」をはじめ、サントリーのお酒「カロリ。」やFUJIFILM 「FINE PIX」など、実に10社にも及ぶ契約が舞い込む人気ぶり。バラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のレギュラーも獲得し、まさに順風満帆。そればかりか、なんと今度は女優として初の"主演連続ドラマ"が決定したというのだから驚きである。

 彼女が初の主演を務める連続ドラマのタイトルは、『土俵ガール(仮)』(TBS系)。7月より毎週火曜深夜0時50分後放送予定だ。舞台は、廃部寸前の弱小高校相撲部。佐々木は、かつて力士だった父親から男同様に育てられ、子どもの頃から相撲の才覚を発揮していたが、反抗心から相撲と縁を切り、ファッションモデルとして活動する主人公を演じる。ひょんなことから、主人公は相撲部の監督に就任し、部を立て直すべく奮闘する青春スポ根ドラマだという。華奢な体つきで、相撲とは縁遠そうな佐々木に白羽の矢が立ったのはなぜなのか。番組プロデューサーは、起用の理由について

「女性的な美しさとかわいさで今まさに旬の佐々木希さんが、男臭さの極致とも言える相撲部の中で奮闘するという、"ギャップ"の面白さから広がるドラマを是非作りたく、出演をお願いしました。コミカルな物語の中で、佐々木さんの熱い演技が繰り広げられることを期待しています」

 としている。 確かに"ギャップ"だけは強く感じるが......。「問題は、佐々木の演技力にある」と、スポーツ紙記者は言う。

  

「佐々木希が主演、と聞いて、失笑した記者も少なくありませんでしたよ。これまでにも映画やドラマでの演技経験はありますし、昨秋には主演映画『天使の恋』も公開されましたが、お世辞にも演技のレッスンを積んだ女優には見えませんでした。伊東美咲や長谷川京子など、モデルから女優の道へと進んだものの、"大根役者"の烙印を押されてしまった女優は多いですが、佐々木も今のところはその枠ですね。そういえば、一時期"エビちゃん旋風"を巻き起こした蛯原友里も、『特命係長・只野仁』(テレビ朝日系)や『スローダンス』(フジテレビ系)などに出演しましたが、結局女優として認められることはなく、迷走してしまいました」(スポーツ紙記者)

 『天使の恋』は同名ケータイ小説を映画化したものだったが、主人公の女子校生・理央役を演じた佐々木は、公開前に

「役柄に抵抗を感じるというより、演技ができないからやりたくなかった。主演は無理だと断った」

 と明かしていた。その後、事務所関係者らに説得され、「やるしかない」と覚悟を決めたという。つまり、本人が「女優になりたい」と望んだ結果ではなく、周囲のお膳立てによる主演だったということだ。今回の連続ドラマ主演も、同様なのだろうか。

「佐々木は積極的に女優業に挑戦したがっているわけではないですが、地元秋田時代はヤンキーでならしただけあって、とにかく根性がある。ここまでは所属事務所やスポンサーの敷いたレールに乗ってきただけのように見えますが、彼女が本気で取り組めば、演技力もまだまだ向上の余地があると思いますね。問題は、滑舌の悪さでしょうか。今の彼女の喋り方は、あまりにも"素人"すぎて、あるCMでは商品名さえうまく聞きとれないと話題になったこともありました」(テレビ誌編集者)

 主演ドラマで、"大根役者"の汚名返上なるか。また、相撲部監督役ということで、佐々木のまわし姿も拝めるかもしれない。深夜帯ならではのお色気シーンにも期待したいところだ。(ネタ元:メンズサイゾー)

  

★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/04/25 21:25 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

我々はいつになったら広末涼子の乳首を見ることができるのか!?

 最近の広末涼子の出演映画、実は必ずといっていいほど濃厚な“ベッドシーン”が存在するのだ。ボーイッシュな清純派アイドルとしてデビューしてから15年、彼女も今年で30歳になる。

 “広末涼子ベッドシーン史”を語る上で欠かせないのが映画『秘密』。これはまだ彼女が10代の時の作品。内容は相手役の小林薫にパンツを脱がされるというもの。いたってソフトな内容だが、彼女がアイドルから女優へ脱皮する過渡期の作品として注目に値する作品だ。



 そして、最近では2008年、アカデミー賞・外国映画賞を受賞した「おくりびと」で、ブラとパンティを披露して本木雅弘との絡み。松本清張原作の映画「ゼロの焦点」では新婚初夜、さらに太宰治の小説を映画化した「ヴィヨンの妻」では騎乗位でアエギ声をバンバン出している。

 ただ、そんな彼女、まだ乳首は露出していない。演技をしていく上で、ベッドシーンで乳首が露出されないのは不自然ではないだろうか?(いやきっと間違いなく不自然だ!)。今後、女優として円熟期に入る広末、そろそろ自身の演技力を追及するために(世間の男性ファンの期待に答えるために?)、次回作のベッドシーンでは乳首を披露してみてはどうだろうか? 

 女優として絶好調な今だからこそ、意味もあると思うのだが…。(ネタ元:リアルライブ)

  

★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/04/24 13:38 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
ランキング
よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ



人気ページランキング
オススメ商品
最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。