FC2ブログ

裏芸能エンタメnews

芸能newsを集めます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

18禁ロリマンガはどう使われた? 東京都青少年課が行った情報隠蔽工作とは

 昨年末、全国のマンガ・アニメファンを恐怖に陥れた東京都のマンガ規制条例こと「東京都青少年健全育成条例」改定案をめぐる騒動。改定案が成立したことで、騒動も一段落したかと思いきや、改定案の施行はこれからで、まさに「俺たちの本当の戦いはこれからだ」と言うべき状況だ。そうした中で、東京都の新たな情報隠蔽工作が明らかになった。

 昨年6月、最初の条例案改定が否決されてから、都青少年課は都内各地のPTA・保護者団体・自主防犯組織などに出向き、条例改定の意義を理解してもらうための説明会を開催した。その回数は80回余り。12月に改定案が可決した最大の理由である民主党が賛成に鞍替えした背景には、このことが大きかったとされる。民主党の一部議員は、PTAなどの支持者から「エロ議員」と非難されることを恐れたのだ。この点で、都青少年課の目論見は成功したと言えるだろう。

 問題は、PTAなどに対して都青少年課からどのような説明が行われたかということ。これまでブログやTwitterなどで漏れ聞こえている情報では、18禁マークのついた成年雑誌などを示し、あたかもこうした本が野放しになっているかのような説明が行われたとされていたが、確証を得ることはできなかった。

 そこで、筆者は東京都に対して説明の際に使用した雑誌・書籍をすべて公開するよう情報公開請求を行った。

 実は、昨年12月の改定案審議中にも民主党の松下玲子議員は非公式の打ち合わせで都青少年課の櫻井美香課長に対して、使用した雑誌・書籍のタイトルを明らかに示すよう求めていたのだが「その都度、誰が、どの本を使って説明したか明らかでない」と、櫻井課長は返答していた。そのため、どこまで公開するかまったく期待はしていなかった。

 結論から言うと、公開されたのは表示図書(最初から出版社が18禁マークをつけたもの)と指定図書(都の審議会で不健全図書指定されたもの)が一冊ずつである。表示図書は、「コミックエルオー(LO)」(2010年5月号、茜新社)、指定図書は尾崎晶氏の『人妻爆乳アナウンサー由里子さん』(10年2月、双葉社)である。そして、表示図書・指定図書以外のもの、すなわち新たな条例で都が規制したいと考えているものは、一切が非公開とされてしまった。



 正直、理解に苦しむ。「LO」は既に自主規制されており、書店で子どもの手に届くところには絶対に置かれていない。また、『人妻~』も現在の条例で規制されているものだ。つまり、これらを用いたということは、ブログやTwitterなどで喧伝されている「こんな酷いマンガがある」と誤解を招くような説明を行っていたという噂を裏付けることになる(そもそも、どのような説明が行われたかも、ほとんど明らかにはなっていない)。

 さらに、表示図書・表示図書以外のものがすべて非公開にされた理由も不明確だ。非公開の理由として示されたのは「当該と書類が不健全図書類の指定の疑いがあると判断され、出版社に不利益を生じさせる」「公開することにより、不健全図書類の指定に関する業務の効果的遂行を不当に阻害するおそれがある」の二つだ。

 とは言っても、PTAなどには見せているわけで、説明会を80回開催して一回あたり5人しか来なかったとしても400人。なぜ彼らには見せて、都民に広く公開することができないのか、理解に苦しむ。

 PTAへの説明会に関しては、条例反対運動に反対する人物が情報公開請求した説明会を行った先の団体名もすべて非公開となっており、何が説明されたかを必死に隠そうとしているとしか思えない。

 そもそも、表示図書・指定図書の公開が一冊ずつだけなのもおかしいと思い、「これだけですか?」と問いただしたところ「明らかなのは、これだけですね」と、都青少年課の小宮山みき係長は返答。この説明会の模様が描かれたブログ(http://hirometai.blog.so-net.ne.jp/2010-08-24-2)では、小宮青少年対策課連絡調整課長が説明を行っている写真が掲載されており、見たところ5冊はあるのだが?

 いずれにせよ、改定された都条例の施行を前に情報を明らかにしない都の態度は自らの首を絞めているとしか思えない。自らの改定案に正当性があると思うなら、堂々と公開すべきだろう。それとも、このままのらりくらりと騒ぎが治まるのを、じっと待っているのだろうか......。


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2011/01/29 11:08 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)

分裂のKARA

 唐突に勃発した、韓国アイドルグループ・KARAの脱退騒動。5人組で活動してきた彼女たちだが、代理人を務める弁護士事務所が19日に明らかにしたところによれば、リーダーのパク・ギュリ(22)を除いた4人が、所属する韓国の芸能事務所「DSPメディア」に専属契約の解除を申し入れた。その後、ク・ハラ(20)が契約解除の申し入れを撤回したが、残り3人は徹底的に事務所側と争う構えのようだ。



 この話題について、ワイドショーなどのメディアでは大きく取り上げているが、AKB48とモーニング娘。でさえ区別がつかないのに、韓国から若い女性アイドルグループが何組も来日しては全く判別不能、という視聴者層も少なくないだろう。KARAは、お尻をクネクネと振り動かす"ヒップダンス"が魅力的なセクシーアイドルユニット。前出のギュリはロングヘアーと太眉が特徴、「女神」というニックネームがついているほどの美貌。ハラはAKB48の板野友美に顔が似ていると話題になったこともある、クールなキャラクター。そのほか、童顔のハン・スンヨン(22)、末っ子キャラでまだ女子高校生のカン・ジヨン(17)、アメリカ生まれで語学堪能なニコル(19)で構成される5人組だ。2007年に結成されたが、ハラとジヨンは08年に加入した。

 昨年、メディアや広告代理店が意図的に作り上げたかのようにも見える「K-POPブーム」が日本国内で巻き起こり、若い女性ファンを中心に人気を獲得しつつあった彼女たち。せっかく活躍の土台が固まりつつあったにもかかわらず、このタイミングで離脱を図った理由は一体何だろうか?



 事務所側へ契約解除を求める理由について、スンヨン、ニコル、ジヨンの3人は、「事務所が望まない芸能活動を無条件で強要し、人格を侮辱した」「所属事務所との信頼喪失が最も心痛である」と主張。代理人は「所属事務所側の前社長が病気で倒れ、現経営陣に代わってからこの問題が起きた。現経営陣は(芸能活動について)専門性がなく、会社の立場と利益のみを目標にしていたためメンバーに対してのケアが不十分だった」と説明している。さらに、メンバーがモデルとして活動しているオンラインショップ「KARAオイ」では、メンバーに「BEST FUCKIN FIVE」と書かれた服を着せた写真を掲載し、ファンから強い抗議を受けたことがある。これにより、メンバーたちの名誉と自尊心が傷つけられたという。

 韓国メディアでは、彼女たちに支払われるギャラが少なすぎるとも報じている。彼女たちのギャラはCDの売り上げの1%で、昨年の12月は日本円にして月給約22万円だったという。そのため、彼女たちとその親が事務所に反発し、独立を画策したというのだ。これに対して、事務所側は「年間通して、一人当たり2,000万円を支払っている」と抗議。また、KARAの日本の活動を担当している「DSPメディアJAPAN」は、名目上の別会社であり、「DSPメディア」本体と変わりないにもかかわらず、日本での収益金の一部を手数料として差し引いており、不当な二重控除に当たるとの声もある。



 しかし一方で、ニコルの母親のキム・シャーリー氏が20日にTwitter上で「金銭的な問題のためではない」と明言している。キム氏は「金のために子どもの人生を賭ける親はいません。子どもが血の汗で作った今日の栄光を自らの手で金のために壊す親はいません。子どもたちは夢を見て血の出る努力でいまここまでやってきました」と弁解。続けて、「いままで流した血の汗を後にしてこういう状況を選択しなければならなかった現実、今後も越えなければならない山が私たちの前にあります。知りながらも選択しなければなりませんでした」と苦渋の決断であることをにじませている。

 確かに、韓国の音楽市場よりも圧倒的に大規模な日本市場を開拓し、金銭的な不満があったとしても今後改善の余地はあったはず。本当にギャラではなく「名誉棄損」が今回の騒動の最大の理由なのだとすれば、もうひとつの憶測が浮かぶ。彼女たちの肉体を使った「スポンサー接待」の強要だ。



 昨年、韓国人女優のチャン・ジャヨンが、今後の仕事を得ることと引き換えに有力者と性的関係を持つように迫られたことを苦に自殺した事件を受け、韓国の国家人権委員会は、女優111人と女優志願者240人を対象に、枕営業の実態調査を行った。公表された調査結果によれば、回答者の中で実に60%もの女性が、資産家や政治家、テレビ・映画の製作関係者を相手にした性的な接待を持ちかけられた経験があるという。こうした枕営業のお誘いは、所属事務所や仲介業者、また同僚の女優・タレントから話が回ってくるのだという。それだけではなく、半数以上が資産家といわゆる愛人契約を結びスポンサードを受けることも提案されたそうである。

 折しも18日には韓国芸能プロダクションの代表取締役が、芸能界入りを志願した歌手志望の女性に「活動を支援してやる」と性的関係を強要したとして逮捕されている。韓国芸能界には、セックスの対価として仕事を与えるというおぞましい行為がはびこっているのだろうか。とすれば、契約解除を訴えたKARAメンバーたちも、こうした関係を強要され、蹂躙されていた可能性がゼロとは言い切れない。

 KARAと所属事務所の契約は7年であり、現時点で契約は残りわずか1年に迫っていたという。あとたった1年、我慢することができなかったほどの「名誉棄損」「人格の侮辱」とは何だったのか......。全貌が詳らかにされることを望む。


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2011/01/21 17:19 ] KARA | TB(0) | CM(0)

小倉優子、事務所移籍へ!! ヘアヌード断固拒否で円満退社・結婚を目指す

 昨年11月に、驚きの「交際宣言」をした小倉優子(27)。お相手はバツイチのヘアスタイリスト"きくりん"こと菊地勲氏(40)だ。いまどき、アイドルだからと言って男女交際を制限するなどナンセンスであるうえ、小倉ももう27歳の成熟した女性。しかしなぜ"驚き"なのかと言えば、やはり彼女の所属事務所・アヴィラが、男女交際に対して厳しい姿勢をとってきたからである。2006年によゐこ・濱口優(38)との交際が発覚した際には、小倉の出演イベントに集まった報道陣からの質問を一切受け付けないという超厳戒体制が敷かれた。それが一転して、出演番組やブログで小倉本人の口から「結婚を前提に良いお付き合いをさせてもらっている」という言葉が出るようになるとは......。



 実はこの時、水面下で小倉は、所属事務所からの独立を着々と進めていたのだという。19日発売の「東京スポーツ」紙一面で詳しく報じられているところによると、昨年11月9日、小倉は弁護士を通じて事務所にマネジメント契約終了を知らせる通知書を送っていたという。証拠となる文書も紙面には掲載されており、そこには「(契約は)平成21年12月31日をもって有効に終了いたしました」とある。また、事務所と小倉との間には契約書面が存在しておらず、「いつまで」という契約期限が設けられていなかった。そのため、小倉サイドは法に基づき、前年5月末に12月31日までの契約にしてほしいという旨を記した解約通知書を送付していた。このように法的手段にのっとって、着実に小倉は独立へ向けた動きを前進させていたのである。

「当初は、事務所側も強く反発していたと言います。折しも、眞鍋かをり(30)が一足先に独立騒動を起こしていた中で、小倉にまで抜けられてはかなわない。『どうしても辞めるというなら、相応のケジメをつけてからにしろ』と迫ったというウワサもありましたよ。ケジメとは、ヘアヌードになるという意味なのですが......引退や独立のタイミングでヌードになるグラドルや女優は意外にも少なくないので、小倉もその覚悟を迫られたのかもしれません」(芸能事務所関係者)



 だが、小倉は賢かった。ヘアヌードをさらせば自身の商品価値が落ちることを理解しており、この要求には断固拒否の姿勢を貫いた。強行突破を目論み痛い目を見ている先輩・眞鍋と同じ轍を踏むまいと、期をうかがってきたのだ。その眞鍋はというと、一時期テレビにイベントにと引っ張りだこだったのが嘘のようにメディア出演が激減。レギュラー出演している情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)の忘年会では、事務所との泥沼裁判や将来への不安から、肩を震わせ号泣してしまったという。



「裁判が無事終了して、きちんと退社できたとしても、以前のような明るく賢いキャラクターで復活するのは難しい。裁判では、『事務所オーナーと肉体関係を持つことで出世できると聞かされた』『オーナーは脱税した金をミカジメ料として芸能界の実力者に渡していた』など暴露話も飛び出し、本人の脱税疑惑まで問われた。気の毒ですが、タレントとしてのイメージはガタ落ちです」(前同)



 一方の小倉は、新たな所属事務所もほぼ確定していると言い、退社・結婚となってもイメージを崩すことなくタレント稼業を続けていけそうな道筋が整っている。かつてグラビア界を牽引し、グラドルからテレビタレントへと見事な転身を果たした2人だが、はっきりと明暗分かれてしまった。ただし、小倉もまだ油断は禁物だ。明かされたくない過去や弱味をネタに、移籍を妨げられることがないとも限らない。このまま円満退社となるかどうか、注意深く見守りたい。


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2011/01/20 16:57 ] 小倉優子 | TB(0) | CM(0)

スジってないのにエロすぎる股間!! 吉木りさの勢いはとどまるところを知らない

裸でなくても、股間にズームアップしていなくても、爽やかな美女の笑顔があればそれだけでゴハンを三杯食べられる!! 美女グラビアを愛してやまないグラビアウォッチャー・まい竹城(28)が週刊誌に掲載される数々の「美味すぎるオカズ」をレビューいたします。

1位「ヤングアニマル嵐」吉木りさ
2位「週刊ポスト」梅宮万紗子
3位「週刊プレイボーイ」中澤裕子

 新年あけまして一発目のグラビアレビューです! 今年も昨年の勢いそのままに、AKB48のメンバーがじゃんじゃん週刊誌のグラビアを飾ってますね。そんな中、健闘している「非・AKB」を取り上げてみたいと思います。

 まずは、前田敦子ちゃんが表紙&巻頭の「週刊プレイボーイ」(集英社)にて、貫録の撮り下ろしグラビアを披露している中澤裕子姐さん。姐さんと言えば、初代モーニング娘。リーダーで御年37歳。モー娘。脱退時の年齢が27歳だったから、あれから早10年の時が過ぎようとしているわけです。決してスタイルが良い方ではなかった彼女ですが、四十路手前で一年発起、CM出演中のDHC「プロテインダイエット」によってダイエットに成功したとのことで今回のグラビア撮影に至ったようです。つまりご褒美グラビアですね。



 もともと巨乳でもなく、かといって尻に魅力があるわけでもないため、グラドルとしての可能性は限りなく低いと思われますが、無防備な表情のショットからは年齢不詳の色気が漏れ出しております。ただ、髪型や化粧が、どうもAKBの篠田麻里子さんを意識しているように見えるのですが......気のせいかしら。


 続いては「週刊ポスト」(小学館)から梅宮万紗子さん、当連載では2度目の登場です!! 記念すべき第1回でも、同じく「ポスト」に掲載された彼女のグラビアを取り上げました。前回はファーストDVD『1scene』(イーネット・フロンティア)発売記念でしたが、絶好調の売上を記録したゆえ第二弾『2scene』(同)のリリースが決定したそう。まあ、壇れいのような清楚な顔立ちで、従姉の梅宮アンナばりのセクシーBODY、そして若手グラドルも真っ青の過激衣装に挑戦してるんだから、そりゃあ売れますよ。太鼓判。



 新作もエロいです。ボンデージ着てます。スケスケ黒レースのブラに、同じくスケスケ網タイツ。純白の下着を身につけても、「愛欲にまみれた未亡人」風になってしまうのはどうして!? ほどよくムッチリな肉づきの腰回りも、三十路レディの魅力を倍増させています。ちなみに、「ポスト」で連続してグラビアを飾っている掘ちえみサマの色香もたまりません。若妻~熟女好きなアナタは絶対に買うべき!!


 そして第1位は、グラビア界において昨年、AKB並の大ブレイクを果たしたと言っても過言ではない吉木りさ。DVD『セキララ*彼女』(晋遊舎)が爆発的ロングヒットを記録中で、続編のDVDもバカ売れ、AmazonのDVDベストセラーランキングで1位~4位を独占するなど尋常じゃない売れ方をしております。「SPA!」(扶桑社)の人気連載「グラビアン魂」でも、リリー・フランキーの2010年ベストグラビアンに選ばれた吉木の魅力......それはやっぱり、「顔」「尻」「股間」のベストマッチにあるのではないでしょうか。



 まず第一に、濃すぎず薄過ぎない、適度に愛らしい顔。某テレビ番組では「芸能界イチの美人顔」と認定されたこともあります。次に、とんでもないローライズパンツがよく似合う88cmの大きいお尻。ワレメぎりぎりまでしか隠せない小さな水着を頻繁に着用することで、お尻の魅力が一気に開花したのです。最後に、「股間」。これもやはり、極小水着の効果。ギリギリのクイコミを見せつつも、一線を越えない上品さを演出しています。

 ちなみに実際の彼女はとても華奢な体躯で痩せすぎと言っていいほど痩せているのですが、お尻・股間から続く太ももはムッチリを維持。「分かってるカラダ」なんです。何を分かっているのか? エロを!! DVDがバカ売れしても、相変わらずちょっとエロ系の雑誌にバンバン登場してくれる気軽さも素晴らしいです。俺たちの吉木りさに乾杯!


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2011/01/13 17:55 ] 吉木りさ | TB(0) | CM(0)

柴咲コウ 封印された「ニャンニャン写真」が流出!!「セックスは淡白だった」

 昨年末に発売された二つの雑誌「BLACKBOX」(マイウェイ出版)と「BUBKA」(コアマガジン)に、立て続けにある女優のニャンニャン写真が掲載されている。それぞれ巻頭で大々的に取り上げ、いわゆるスクープ扱いしているこの記事、どうやら同じ人物が双方の編集部に持ち込んだもののようだ。

 "ある女優"とは、柴咲コウ(29)。1月スタートの新ドラマ『外交官・黒田康作』(フジテレビ系)ではヒロイン役を務めており、目下撮影中の人気女優だ。写真の中で、上半身裸の男の肩に腕を回し、ミステリアスに微笑んでいる姿はまぎれもなく柴咲。切れ長の大きなツリ目やイタズラっぽく緩んだ口元は、薄化粧でもただならぬ女優オーラを感じさせる。



 しかし妙なのは、この写真がおよそ10年近く前に撮影されたものだということ。実は彼女の「ニャンニャン写真」は、10年程昔からその存在がたびたび話題になってきたが、未だに日の目を見たことがなく、いわば都市伝説化していた。それが今さらになって流出したのだから、衝撃的である。

 「BLACKBOX」では、この写真は柴咲がまだ18~19歳の頃に撮られたもので、写っている色黒の男は当時の彼氏だと解説。タトゥーの入った男の太い右腕が前方に伸びており、彼がカメラのシャッタースイッチを押しているであろうことが分かる。この男は、当時地元である池袋で遊んでいた柴咲に声をかけたAV・風俗系のスカウトマンで、意気投合して交際に至ったという。セックスに関しても赤裸々に語られており、「非常に淡白で、男が求めると応えるが、自分から進んでしたがるタイプではなかった」とも。



 この写真を同誌に持ち込んだのは、写真に写る男の知人。さらに、この一枚だけでなくもっときわどい写真も所有していると話している。

 だが、今回流出している写真は非常にソフトなもので、かつてアイドルだった藤本綾のフェラチオ写真や、奥菜恵の無防備なヌード写真と比較すれば、スキャンダラスでもなんでもない。なにしろ、男の方は裸であるものの、柴咲本人は着衣の状態で、ディープキスなどを交わしているわけでもない。それに柴咲ももう間もなく三十路、清純派をウリにしていることもなく、アイドル女優でもないため、彼女にとって痛手になるような写真ではないのだ。

  

 もし仮に、未成年ながら飲酒・喫煙している証拠写真があったとしても、10年前のものでは時効。乳首や股間の様子までハッキリと分かる全裸写真や、性交中の写真を隠し持っているとしたら話は違ってくるが、果たしてそこまでの爆弾写真を彼女が撮らせているかどうか......。第二、第三の「幻の写真」流出はあるのだろうか。


★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2011/01/11 23:43 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
ランキング
よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ



人気ページランキング
オススメ商品
最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。