FC2ブログ

裏芸能エンタメnews

芸能newsを集めます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

"いっちょかみ"な矢口真理、開き直り芸で思わぬ悪役に開花?

 今回ツッコませていただくのは、5月9日放送分の『スクール革命!』(日本テレビ系)。

 テーマは「おいしい野菜の食べ方! 選び方!」ということで、ナビゲート役の「ゲスト先生」は長谷川理恵と矢口真理。野菜がテーマでゲストが長谷川理恵というのは、分かる。野菜ソムリエだしとして大活躍みたいだし。しかし、なぜ矢口? そのときそのときの流行に首を突っこみたがる"いっちょかみ"な印象が強く、そのポジションからネットなどでも「女版品川祐」と呼ばれることもある矢口さんだ。そんなわけで、あんまり面白くはならないだろうと、全く期待していなかった。



 なぜ矢口がゲストかというと、「しゃぶしゃぶ温野菜 六本木店」をプロデュースしたからという説明があった。だが、そもそも「しゃぶしゃぶ温野菜」のメニューをプロデュースしたのは長谷川。番組レギュラーのアンタッチャブル山崎が、すかさずこのほころびにツッコむ。

「ずいぶんと二番煎じ感が......」

 しかし、そう言われた矢口は、

「しゃぶしゃぶ温野菜と出会って(野菜が)大好きになりました。全部、温野菜さんのおかげです!」

 真顔でキッパリ言い切った。それを聞いたザキヤマ。

「若干なんですけど、お金の匂いがプンプンにおって......」

 矢口の"いっちょかみ"問題に、真正面から切り込んできた。

 その後も矢口は、「先生」という立場であるにもかかわらず、長谷川が行う解説を隣で聞きながら、「そうなんだ」「へー」「すげー」と、実にいいリアクションで感心しっぱなしである。そんな迂闊な態度を、今度はHey! Say! JUMPの山田涼介が指摘。

「あちらの先生も、かなりびっくりされてたんですよね......」

 すると矢口は

「アスパラガスのほうは、ちょっと専門外で......」

 またしれっと真顔でとぼけてみせ、

「ソムリエにならないと、そこらへんは習わないのかな」「たまたまです」

 と、どんどん不敵なコメントをかぶせてくる。森三中の村上が時々やるような、開き直りで見せる腹立つ笑いにどこか似た、見事な悪役っぷりだ。



 さらに、悪役になった"ブラック矢口"の衝撃は続く。ロケのVTRで、野菜嫌いを克服するための料理やスイーツを紹介していたところ、そういえば矢口本人が全然食べてない、ということを指摘され、食べてみることになったときに、「緑はちょっと......」と、リーフ系の野菜を箸でよけるという、ナビゲーターとしてありえない行動をみせた。

 その後も、野菜スティックなどを食べずに出演者に猛批判されると、"ブラック矢口"は再び開き直った。

「冷たい野菜は食べないんです」

 すばらしい開き直り芸だ。自分が大好きになったのは、あくまで温野菜であって、それは「しゃぶしゃぶ温野菜さんのおかげです」という、自分の立ち位置がさらにおいしくなった。そしてとどめに、最高の逆ギレをみせる。

「キャスティングミスですよね!」

 言い切った! スタッフのせいにしちゃった!

 これまでどことなく醸し出されていた、矢口の"いっちょかみ"空気。それを正面からいぶし出し、なおかつおいしくしてあげるという、内村光良、ザキヤマ、Hey! Say! メンバーの愛あるいじり。おかげで、番組が始まった時点での予想と全く違い、まさかの矢口真理に笑わせてもらうという誤算である。

 野菜嫌いを克服する番組で、矢口を克服できるとは、思ってもみなかった。これもやっぱり、「しゃぶしゃぶ温野菜さんのおかげ」なんだろうか。

 こんな矢口真理なら、また見てみたい。(ネタ元:メンズサイゾー)


関連記事

★応援よろしくお願いしますm(__)m★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
[ 2010/05/16 14:49 ] 芸能 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
ランキング
よろしくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ



人気ページランキング
オススメ商品
最新コメント
最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。